7月9日立ち上げ。今は何も書かれていない。居場所の1つもない。お金もない。仲間も居ない。何も持っていない。

こんな状況で、どうしてもやりたい事業を始めました。

苦しかったり、辛い人を救える居場所になりたい。

この事業をスタートするには、自分が一生懸命働いて、大きな事業を興して他で稼いできてここにお金を充てる必要がある。

自分は舞台を興して、音楽を作って、会社を作って、その利益を事業に充てる。

どれも本気でやってみる。

芸術や作品というのは膨大な時間と努力と、お金をかけて魂を込めてそれでもうまくいくのは一握り。素晴らしい作品であってもそれが評価されてお金になるのは更に一握り。

その業界に、無限大の可能性を感じている。

時給の仕事、月給の仕事をしていたら「君の居場所」を作れない。

そういう仕事はとてつもなく難しくて、実際のところ時給換算すれば数十円なんてこともザラな日々を覚悟している。

今は信じて積み重ねるしかできない。

誰も雇えないから、一人舞台で挑戦する。歌手になる。

時間がかかっても必ずこの業界でお金の取れる芸術家になる。

お金の取れる芸術家、アーティストとは、どうしても会いたい、観たい、感じたい、聴きたいというような存在のことだ。

小手先では通じない。本物のアーティストになる。

おすすめの記事