空き家の引き取り依頼

全国の空き家は何百万件。そして数年後には何千万件に。

空き家は負の遺産と呼ばれるものがあります。

それは売れることもなく、毎年多額の固定資産税が発生します。

それが昨今の法律改正で空き家に対する税額があがるケースがあります。

負の遺産を娘さんや息子さん、お孫さん世代に残すまいという愛情ある方だけがこうして引き取り先をお調べになっています。

もし、お近くだけでなく全国のサイトでお売りいただける不動産会社や個人さんがいらっしゃいましたら是非とも一円にでもお代えくださいませ。

不動産というものは、あなたの大事な資産でありあなたの大切な思い出です。

それを一円でも高くお金に換えるというのは、最も素敵な行為です。

それでももし、お譲りいただけるのであればそれはすべて【誰かの居場所】になります。

リフォームして、無償で逃げて来れる居場所として提供します。

最近の社会は厳しいと思いませんか?

99回良いことをしても、それは当たり前であり、たった1回の過ちを決して許されません。

それを一瞬みた誰かが「本性を現した」「犯罪者」「気持ち悪い。死ね。」このように誹謗中傷を受けるのです。

「いじめで苦しくて死にたい。」

「虐待」「DV」「パワハラ」

これらは痛みだけじゃない。生きる気力を奪うのです。内から刺してくるのです。何度も何度も。

毎日が辛い人にでも、心から安心して眠れる場所があれば人生は再生できると思うのです。

あなたが寄与してくれた空き家を必死に再生して、誰もが身ひとつで逃げて来られる居場所さえあれば助かる命もあったんじゃないかと思うのです。これをもっと早くにできなくてごめんなさい。

あたたかい料理を食べて、お風呂に入って、眠る。その毎日を過ごす。

そうしていつか「私の居場所あったんだ」と安堵してほしいのです。

生きる気力は少しずつ溜まってまた人生をスタートできるのです。

これが私のしたいことです。

あなたに痛みのない時間を過ごしてほしい。

辛い毎日が普通であったあなたに、辛くない毎日を普通にしたい。

私がすることは、

①空き家を引き取る。

②家を必死に、お金もかけずリノベーションする。

③全国の人が避難できる場所にする。

この流れです。

リノベーションを一人なんて無理です。全国で人を募集します。温かい人を募集します。

ボランティアにはしません。他の事業で稼いできたお金であなたに払います。

誰もが消費されないようにしたいのです。協力してくれる人も大切な人です。

しっかり報酬をお支払いすることで信頼関係を一から構築し、今後も継続してお付き合いしたいのです。

あなたの居場所には何日でも、何か月でも居てもいいんです。

災害が起きたときにも避難してきていいのです。

空き家を更地にしてしまっては、誰の居場所にもならず、誰の避難場所にもならないのです。

まだ住める家でお金も困ってなかったり、寄与してもいいという方は是非とも物件をお寄せください。

君に居場所を作りたい。

私は仕事を一生懸命に頑張る。地道に。それだけじゃ足りないから必死にアーティストにもなる。有名人にもなる。自分の稼ぎなんて興味ない。大豪邸なんて一生要らない。大切な人を幸せにできるお金と、辛い人を救えるお金があれば自分の人生は完結する。

きっと何億円じゃない。何百億、何兆円居るだろう。

そんなことにチャレンジする。

明日の予定が楽しみで、食事が美味しくて、誰かを笑わせたい。喜ばせたいと思うような日々を誰もに過ごしてほしい。私の中の幸せはこれだから。あなたにとっての幸せをいつか見せてほしい。聞かせてほしい。

君の居場所は誰かの資産と思い出の空き家から成り立つ。

あなたに心から感謝し、誰かの居場所のために大切に使うことを誓います。

皆が働けるように自立して、日々の生活費を自分で支払えるようになって、ちょっとずつ夢を描けたら嬉しいです。

心を休めて、生きる気力が出たら、好きな仕事に就いてください。

好きな街で暮らしてください。

好きな人と過ごせることを願います。

いつか私も優しい仕事を提供できたらいいなと思います。

雇用を作ることは私の中でものすごく重要なことです。

私がそうであったように、いくつもの心から打ち込める仕事を提供するのも私の夢です。

--------------------------------------------------------------------

私はこのサイトを2023年の7月9日に立ち上げました。

ずっとこうしたいという思いがありました。

お金がないから、お金ができたら立ち上げたいと思ったまま何年も経ってしまいました。

社会はそれほど甘くなく、皆と同様に毎日すり減るような日々を過ごすようになりました。

会社を立ち上げました。一生懸命に頑張りました。休みなく。だけどもそれは充実した日々でした。

コロナの猛威にあっけなく完敗。6店舗が全閉店。

残ったのは膨大な借金。

そして気力は0に。燃え尽きたように働けなくなっていました。

3年経ってもやりたい仕事には出会えず、心の中にはずっとやりたい仕事がありました。

それには莫大な資金が必要でした。居場所を作ること。

だけども、そのいつかはきっと来ない。

今お金がなくても始めないと来ない。

だから、自分でこの会社を興しました。

お金がなくてもできるように必死に考えて考えて、協力を得る形を取って思いが通じれば成り立つように構築しました。

あなたに居場所があったら、あなたは生きていてくれましたか?

あなたに逃げ場があったら、今でも何年も経った今でも笑顔でいてくれましたか?

支援も、融資も当てにしない。他業種で稼いで、この事業に還元する。自分で稼いでこの事業を拡大する。

この事業は全額赤字だからビジネスとは呼べない。なんでこんなことするのか?

それが信念だから。それが人生で一番やりたいことだから。

海外や宇宙に行きたい人がお金を払って旅行に行くように、私もお金を払って「君の居場所」を作りたいのです。

正直不安もあります。その何百倍、責任、使命、きっと待ってる君を救える未来が今を動かしています。

意外と鮮明にその日の映像が見えます。

「君の居場所」

ここには何人もの人が集って、キラキラした笑顔で何にも怯えないカラッとした声でキャハハという笑い声が響いています。美味しいねと食べるお餅、豚汁、焼き魚。

なんだか歪かもしれないけど、ここは「わたしの居場所」だと誰もが心から感じてる。

そんな未来が見えています。